ディヴァインな日々

ブラウザゲーム、ディヴァイン・グリモワールのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚 39

一枚のカード(シリーズ)を取り上げて色々語りたい。

今回は戦士スキルから、似た能力なので『反撃命令』と、

反撃命令

『先制の檄』を紹介。

先制の檄



さて、戦士補助スキルで同じような感じの二枚ですね。

早速差を見て行きたいと思います。


反撃命令
・1体のみ。
・反撃は攻撃を受けてからなので、体力の少ないユニットにはあまり向かない。
・効果が10ターンと長い。

先制の檄
・最大で4体までかけられる。
・先制は先に攻撃するので、攻撃力の高いユニット、一撃で相手を倒せる場合、虚弱撃持ちや呪い持ちのヒムドゥとの相性が良い。
・効果が3ターンと短い。


とこのような感じ。

実際の所、これはどんな運用を見ているかでどちらを選ぶかは変わってくると思います。


反撃命令の場合、絶望の亡霊などの受けユニットに反撃命令(+闘志高揚)が10ターンの長さを生かせて便利ですが、逆に言えば受けにくいユニットにかけるのを戸惑ってしまう場合が。

先制の檄は逆で、効果が短い分アタッカーなどのユニットにかけても働いてくれますし、カードの効果を引き出しやすい所があるんですよね。


・反撃命令はユニットを選びますが、効果が長い。
・先制の檄は打ちやすく、効果は短い。

と言う感じで見るのが良いかと思います、一長一短ですね。


唯一つ入手難度だけは反撃命令の方がだいぶ勝っていますが…まぁこれは仕方の無い所かとw


主な使い所はやはり敵ユニットも多いダンジョンですね、激励や闘志高揚のように3枚フルで詰むようなスキルではないですが、ちょっとした支援用に1~2枚入れてみても面白いと思います。



最後にイラスト…うーんやっぱりコメントがしづらいですねぇ。

反撃命令の方はまだ何となく分かるのですが、先制の檄はもう何が何だかw

これが激励です!闘志高揚です!と言われても全く違和感がないですね、うん。

それではこんな感じでまた次回。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/17(月) 00:28:04|
  2. 今日の一枚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日の一枚・精鋭編 45 | ホーム | デッキ紹介 『減速猫デッキ』>>

コメント

オマケ

両方のスキルに触れ、これに触れないとは・・・

両方のスキルを同時に使うと
先制+反撃で相手ターンに2回攻撃となります!
当然、闘志はその分育つので・・・

夢のある話でした~
  1. 2013/06/20(木) 03:03:22 |
  2. URL |
  3. 紫苑 #-
  4. [ 編集 ]

Re: オマケ

色々と問題点はありますが確かに夢のある話ですねぇ…浪漫好きですよ。
追記ありがとうございます。
  1. 2013/06/21(金) 00:46:13 |
  2. URL |
  3. Xia #-
  4. [ 編集 ]

先制について

先制と相性がいいのは、虚弱ではなく虚弱撃なのでは?虚弱は自ターンにしか発動しないので。今さらですが気づいたのでとりあえず。
  1. 2013/06/27(木) 08:50:59 |
  2. URL |
  3. 2鯖の自称背水マニア #MHLGCDs2
  4. [ 編集 ]

Re: 先制について

あっとそうですね、指摘ありがとうございますー
何かもう虚弱と言う一括りになっちゃってるんですよね(・ω・`)
  1. 2013/06/28(金) 00:23:16 |
  2. URL |
  3. Xia #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://xia40.blog.fc2.com/tb.php/129-84f0f401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プロフ画像

Xia

Author:Xia
FC2ブログへようこそ!

ディヴァイン・グルモワールなブログ ウェンディさんと人間族大好き

カテゴリ

未分類 (1)
戯言 (70)
初心者 (10)
今日の一枚 (54)
今日の一枚・精鋭編 (71)
デッキ (7)
アップデート関連 (4)
小技や仕様 (1)

最新記事

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

かうんたー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。