ディヴァインな日々

ブラウザゲーム、ディヴァイン・グリモワールのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚 34

一枚のカード(シリーズ)を取り上げて色々語りたい。

今回は獣人から、『狼族の暗殺者』

狼族の暗殺者

『狼族の血殺者』の嗜血狼を紹介。

狼族の血殺者



★5以上のスペックはこちら。

暗殺者
★5 7/5 
★6 9/5 能力は★4と同じ

血殺者
★5 9/5 嗜血6にアップ、後は同じ
★6 11/5 


嗜血は「しけつ」と読みます。

嗜血症=血液に対して性的渇望を覚えるとかそう言う意味だそうで…吸血鬼みたいな物ですな。


さてユニットの説明に行きましょう。

これまた非常に分かりやすいユニットで、嗜血で体力上げつつ戦うアタッカーですね。

高い攻撃力は魅力なのですが、問題点が幾つかあります。


・速歩があるので、壁役の後ろに置いて育てようとしても、壁役を通り越して前に出やすい。

・待機が重く、獰猛がある。

・霊体に弱い。


パッと見で分かるだけでもこれだけあります。

嗜血が上手く働いてくれれば暴れてくれるのは確かなのですが…若干使いづらい印象がありますね。

出したターンで敵を倒して体力上げつつ更に敵を倒したり、英雄に向かわせたり…と言うのが理想ではあるのですが、待機が重い分見送った時の待機も重い訳で。

逆に嗜血は考えないで、厄介な敵の削り役と考えて使うにしても、攻撃力は若干落ちますが同じ獰猛持ちで待機2の狼猟師、待機3精鋭の荒野の爪バデンが居ますしねぇ。


普通に敵に当てるなら、神官の反射聖印や重甲、狩人の破甲戦術、戦士の激励などを絡ませるのがいいかな…。

嗜血は中々面白い能力ではあるのですが、難しいですね。



一番生かせる、と言うかいい使い方は、狼王ガナードと絡める形かもしれません。

砕甲が付くと攻撃力の高さで重甲殺しになりますし、血殺者にいたっては重甲は勿論、恐怖や絶望の霊体も一発で落とせるまでになります。

更にスキルで強化してしまえば…もう大暴れできますね。

普通のデッキでは候補には上がりづらいと思いますが、ガナードを入れた獣人デッキなどではアタッカーとして採用を検討しても良いかと思います。

神官なら鼓舞、反射、浄化もありますし相性が良さそうですね。

ガナード持ってない? ご、五星戦でやりましょう!



イラストはどちらもまたワイルドですねぇ。

暗殺者のたてがみ?のお下げが何かとても気になりますがそれはまぁいいとして…

狼族系=ワイルド、ラビ系=可愛い、と言う図式が私の中で出来上がりつつあります。

ドクロや闇騎士系は…どうしよう何も思い浮かばないぞ…

そ、それではまた次回。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/24(水) 00:37:05|
  2. 今日の一枚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚・精鋭編 38 | ホーム | Xiaの戯言18>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://xia40.blog.fc2.com/tb.php/106-793b7eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プロフ画像

Xia

Author:Xia
FC2ブログへようこそ!

ディヴァイン・グルモワールなブログ ウェンディさんと人間族大好き

カテゴリ

未分類 (1)
戯言 (70)
初心者 (10)
今日の一枚 (54)
今日の一枚・精鋭編 (71)
デッキ (7)
アップデート関連 (4)
小技や仕様 (1)

最新記事

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

かうんたー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。